未来に思い出しても幸せな経験を重ねていく

意識して良い思い出を作ると幸せでいられます。
なぜなら、未来においてそれを思い出したとき、幸福な思いを持てるからです。

潜在意識とは過去の自分のデータがすべて入る場所です。
記憶が入っている場所といってもいいです。

記憶が蘇ると、それが思い出されて良いものも、悪いものでも、思い出となります。

思い出すなら、嬉しいことやあのときには頑張ったな~と思えることが良いですよね。

そのためにはどうすれば良いのでしょう?

答えはシンプルです。

毎日より良く過ごすことを意識的に行うことです。
すると、良い経験となって過去のデータとなります。

しかしながら、良いと思えない経験もありますよね。

そこで大事なことがより良く捉えることです。
捉えた方向で記憶に定着していきますから、

ただ嫌だなと思わずに、この経験が自分を成長させてくれたと思うこと。
すると、否定的な経験も成長に繋がる経験となります。

思い出は何度も思い出すものですよね。

良い思い出を3回思い出せば、その回数分さらに幸せになれます。

逆もまた然りです。
嫌なことを思い出すと、過去のことなのに、また気分が落ちる。
過去の不幸は今のあなたも不幸にします。

今、あなたがおこなっている行動。
未来にこれを思い出して自分は幸せな思いを持てるだろうか?
ときに、そう思うことも大事です。
思えると思うなら続けて、思えないと思うなら修正です。

結局のところ、
今の経験が未来の自分の幸せも不幸せも作るのです。今が未来を作ります。

どんな行動をして潜在意識に経験を記憶として入れていくかは、
人生においてとてつもなく重要なことです。

「今が未来を作る」ペン

潜在意識セミナーの年間パスポートをご購入くださった方に差し上げます。
とても素敵なペンですよ。

山下純子