怒りで肝臓が壊れる理由、それは体内毒。

5月28日20時@Zoom

星の王子さまに学ぶ生き方セミナー

https://ameblo.jp/junko-485/entry-12743281889.html

image

怒りは3分でおさめましょう。

怒ると肝臓が壊れます。根拠があります。

肝臓は解毒をしてくれる臓器です。アルコールや添加物などの解毒が追い付かなくなると肝臓がジワジワと壊れていきます。

怒ると体内に毒を発生させることをご存知ですか。怒った人の息とハエを一升瓶に入れると、ハエは秒で死ぬそうです。普通の状態の人の息とハエを一升瓶に入れると、数日間ハエは生きているそうです。

怒った人の息には虫を秒殺させる毒があることになります。毒舌、毒を吐くなど、毒が入る言葉もありますが、あれは本当のことだったのです。怒った人、人の悪口や嫌味を言う人の体内には毒が作られてそれを吐いていることになります。

怒る人ほど肝臓が壊れていくのは、自分が体内で作り上げた毒の解毒が間に合わないどころか、自分の体内毒でやられてしまっているからです。

あなたがひとりで怒りまくるのは結構ですが、あなたが怒りで作り上げた毒で大事な家族や仕事仲間の健康状態にも関係してくることを忘れないでくださいね。

自分の肝臓と大事な人を守りたければ、怒りは3分でおさめましょう。怒りはすべてを壊してしまう原因にもなりかねません。怒りは台風と同じです。やがて過ぎ去ります。気分がよくなることもどんどん行いましょう。美味しいものたべたり、散歩したり、映画みたり、動物の癒しYouTube見たり、気分転換も必要ですよ。

肝臓が悪くなる原因は様々ですが、自分の感情で壊していくことは避けたいものですよね。

東京駅の丸の内北口にあるオアゾビルの中にウルトラマンがいました。パチリ!

怒りは3分でおさめましょう。

山下純子