あなたの職業と仕事は何?

1人、眼鏡、室内のクローズアップのようです

君たちの職業は野球選手で仕事は勝つことだ!と、野村克也監督。

シンプルながら深いお言葉で、思わず納得。あ~、良いことを聴いたで終われば、そこに人間としての伸びはない。

自分に当てはめて考えてみたらどうなるだろう?それが大事。

もちろん私も考えてみた。職業はコンサルタントで仕事は人の人生を持ち上げること。

あなたの職業と仕事はなんだろうか?会社員だとは言わないで欲しい。職業とは職そのもののことであり、会社に居ることが職業ではないのだから。

営業、企画、経理などは職業となる。職業を通してどうあるべきかが仕事。野村監督が仰るように「勝つこと」が野球選手の仕事だとすると、営業は会社の業績を伸ばすべく契約を取ってくることが仕事であろう。企画が職業ならば、お金を生み出し、人が喜ぶことを考えることが仕事。

自分の仕事を明確にして心に刻んだところで、仕事を充実させるために必要なこととは何かを考えて着実に実行していくことが次のステップ。

私の場合、仕事をより良くおこなうためには最低やるべきは5つだと考え、実行しているのが、ブログやTwitterなどの「SNS発信」、月に数回の「セミナーや講演」、毎月2本以上の「ワーク付きプログラム発売」、企業や個人向けの「コンサルティング」、そして「出版」。4つは常に実行していて、精度をあげることを日々精進。出版も手中にあり。それらを充実させるために勉強しまくる。そして遊ぶ。

心に響く名言を語る人は、言葉の一つひとつが様々な職業にもしっかり当てはまる。これぞ本質なのだろうと思える。

・職業は何かを自覚する
・やるべき仕事は何かを自覚する
・仕事をより良くおこなうための5つをやる
・5つをより良くおこなうために学ぶ

山下純子

*2月26日20時からの潜在意識セミナー募集中。テーマは意識環境の作り方。
https://ameblo.jp/junko-485/entry-12725389892.html