文句は100%の被害者意識からきている

文句は100%の被害者意識からきている 
【被害者意識を取り除かないと人生は向上しない】  

文句や愚痴、そして悪口、はたまた嫉妬は100%の被害者意識からきています。被害者意識に気づき改善すると、びっくりするほど人間関係が良くなり、ことがどんどん進みます。  
あなたにもこのような思い、ありませんか?それが文句の裏に隠れた被害者意識です。 

・どうして思う通りに動いてくれないの? 
・どうして言ったことをやってくれないの? 
・どうして自分を見てくれないの? 
・こんなに頑張っているのになぜ認めてくれないの? 
・そんなの私にできるはずがないじゃない、それっていじめ? 
・私の方が先に入ったのになぜあの人が褒められる? 
・私が紹介した人と私を差し置いてなぜ仲良くするの?  

これらを思うと被害者意識になります。そして文句を言う。言ったあなたは、言う相手への加害者になります。  

恐ろしいことに、被害者意識は、自分は被害者だと思いたくなるような状況を引き寄せます。そしてまた被害者意識になる。悪のスパイラルです。  

私は犯罪の加害者を決して擁護するわけではありませんが、被害者は加害者を引き寄せている場合もあります。  

加害者の心は、思い通りにならないことで文句ばかりが占める被害者意識です。普段、文句ばかりを思っている被害者意識でいると被害者意識がベースの加害者を引き寄せて犯罪が起こります。ですから、我が身を守る防犯は常日頃から被害者意識を持たないことなのです。  

文句を思ってしまったとき、私も常に自分を振り返っています。この心の中にある被害者意識はどのようなものだろうか?と。そして改善します。相手の仕事が遅いとき、急いでくださいと言います。気分を害する言葉を聞いたとき、その言葉は使わないでください、お互いの関係性が悪くなります、と言います。すると文句を言いたくなる状況が消えて、私の中での被害者意識も消滅です。見事に状況が好転します。  

みなさん、人生や仕事がうまくいかない人、家族運営が上手にいかない人は、心の中に被害者意識が多く存在する人です。被害者意識が多いとお金の廻りも悪いです。  もちろんのことに、相手に被害者意識を持たせないような態度でいることも大事です。いつも文句を言いたくなる人とは離れることもお忘れなく。  

潜在意識コンサルタント 山下純子