登らないものは落ちることもない

インドの言葉だそうです。
「登らないものは落ちることもない」
確かにそうですよね。

登らなければ落ちません。
しかし、登ってからの景色を見ることもできないでしょう。
海に出なければ遭難することもありません。
しかし壮大な海を実際に感じることもできません。

私は約2万人もの人のコンサルティングをしてきましたが、
できない・やらない方向へと自分を固定している人が多いことに驚きます。

「こういうことをやってみてはいかがですか?」
「純子さん、それって、もうやっている人がいますから」
「あなたがやれば、あなたの味を活かせるから別物になりますよ」
「そうですかね?」

「チームの動きが悪ければ人を変えてみましょう」
「外したらかわいそうです。その人にも生活がありますし」

そうなりたいのに、そうしない、行動が取れないのは、潜在意識がバグを起こしています。
コンピューターで言うところのシステムエラーです。
リセットしなければ、正しい方向へと動き出すことはありません。
リセットするには、うまくいく方法をきいたら、まずやってみることからです。
行動しかありません。実行と言ってもいいです。

行動するとは、新しい自分や新しいチームの状態を作っていくことです。
行動しないとは、新しい自分を拒否して、チームをさらに落としていくことになります。

運の良いほうはどちらでしょう?
答えは、行動する方ですよね!

「登らないものは落ちることもない」から卒業しましょう。
登って落ちるからこそ、違う方法を模索し出すのです。
登るからこそ、さらに登ってみようと思えます。

運は動を生ず!(うんはどうをしょうず!)動かなければ運も動きません。

どんどん行動していきましょう。
やりだすと、人は不思議と、やる方向に固定されていきますよ。

あなたもそうなります!

潜在意識コンサルタント 山下純子