機嫌の悪さを超えて生きると精神は成長する

トラブルが起きた、心外なことが起きた、焦るか怒りたくなります。まぁ、早い話が機嫌が悪くなりますよね。

そんなときこそ、機嫌良くする訓練だと思って、機嫌を良くすることに頑張ってみてください。方法は、人を傷つけなければ何でもいいのです。ペットの写真を見る、楽しかったことを思い出す、リラックスできる匂いをかいでみる、もういっそのこと、早く寝る。

先日のブログに24時間の1%は約14分だと書きました。
https://miraclemake.com/2022-09-06/

まずは14分だけでも機嫌を良くすることを考えてみる、それだけでも、取り掛かりとしてはOK!

まぁ、私は思うのですよ。自分の機嫌を悪くされた相手に機嫌悪くしたら、同じ穴の狢(むじな)だな、と。相手に自分の人生の貴重な時間を持っていかれているわね、って。

最近私は、中村天風さんの本をよく読みますが、数冊所持している天風さんのどの本にも「自分で自分の機嫌を取りなさい」と書いてあります。良いことがあったら機嫌がいい、そうじゃなかったら機嫌が悪い。それじゃぁ~機嫌に人生が振り回されているなと私は気づいたのですよね。

機嫌が悪くなるような問題は、自分の人生の課題だと思うこと。それを解決できたら、また次に機嫌が悪くなるような課題がきっとやってくる。でも、またそれも超えること。と、自分に言いきかせておりますですよ、はい。

機嫌の悪さで自分を表現したら、人生がもったいないわよね!

機嫌よく生きましょう~行きましょう~♪ 人に機嫌を取ってもらうのを待っている時間も、もったいないですわ。

山下純子

*個人コンサルティング、人生を豊かにできる月例セミナーへのお申込みはHPの「イベント・コンサル」のカテゴリーの中にございます。
*潜在意識を良質化できるプログラムのご案内は「スクール・教材」のカテゴリーの中をごらんください。